[PR]

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏、入所者5人が相次いで死傷した事件で、同県警は24日、うち1人への傷害容疑で逮捕されていた元職員の小鳥(おどり)剛容疑者(33)=名古屋市南区=を、別の入所者の女性(当時87)に対する傷害致死容疑で再逮捕し、発表した。県警は小鳥容疑者の容疑について、認否を明らかにしていない。

 捜査1課によると、小鳥容疑者は17年8月12日午後3時14分ごろ、入所者の中江幸子さん(当時87)を暴行し、翌13日に外傷性右血気胸のため死亡させた疑いがある。

 この施設では17年7月末~8月中旬、入所者の男女5人が相次いで死傷。小鳥容疑者は5人全員の介護に関わっていたことなどから、県警が関与について調べていた。その結果、死傷した5人のうち女性1人(当時91)に対し、肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷を負わせた疑いがあるとして、県警が今月3日に傷害容疑で逮捕していた。

 岐阜地検高山支部は24日、小鳥容疑者をこの入所者の女性に重傷を負わせた傷害の罪で起訴し、発表した。