【動画】ドキュメンタリー映画「華氏119」を撮ったマイケル・ムーア監督に聞いた=増池宏子氏撮影
[PR]

 24日の米アカデミー賞授賞式に先駆け、最低の映画作品や俳優を選ぶラジー賞が23日発表され、最低男優賞にトランプ米大統領が選出された。

 トランプ氏は、「華氏119」(マイケル・ムーア監督)と「デス・オブ・ア・ネーション」(ディネシュ・ドゥスーザ監督)の2本のドキュメンタリー作品に登場し、ノミネートされていた。また、コンウェイ大統領顧問が「華氏119」で最低助演女優賞に選ばれた。

 このほか、名探偵シャーロック・ホームズが登場するコメディー映画「ホームズ&ワトソン」が最低作品賞を含め最多4部門で受賞した。(ロサンゼルス=ロイター時事)