[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。GEジャパン社長の浅井英里子さん(50)は、「偶然やチャンスは必ずめぐってくる」と語ります。

     ◇

あさい・えりこ 1968年生まれ、慶大法卒。出産後、複数の外資系企業で勤務。事業領域に関係する官公庁との折衝や調整が専門。2018年から現職。

 「本当ですか」ってよく聞かれるんですけど、本当に、会食やあらかじめ決まっていた予定がない限り、原則午後5時~5時半には退社しています。昔から家族で食卓を囲む家庭で育ってきましたから、私も同じようにしてきました。そのためにも、日中にどれだけ集中して仕事を進められるかが大切ですね。

 うちは祖母も母も、30歳で出産をしていました。だからか、私にも子どもは30歳くらいで産む、というイメージがありました。大学卒業後に就職したソニーでは駐在員として欧州を飛び回って充実していましたが、一方で、20代でできる仕事はやりきったという気持ちもありました。30歳前にソニーを退職し、30歳で出産。育児に専念しました。退職という決断に後悔はありませんでした。一度決めたら悩まない楽観的な性格なんです。

 復職は娘が1歳半のころ。外資…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら