[PR]

 日本遺産「忍びの里 伊賀・甲賀」に指定されている滋賀県甲賀市、三重県伊賀市などでつくる「忍びの里伊賀甲賀忍者協議会」は23日、日本遺産シンポジウムを甲賀市甲南町で開いた。映画化された小説『忍びの国』の著者和田竜さんが対談に登場し、執筆の際に調べた当時の忍者や海賊の姿について語った。

 和田さんは『のぼうの城』で作家デビュー。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞を受賞した。

 シンポでは、『謎とき本能寺の変』などを書いた三重大学教育学部の藤田達生教授と対談。冒頭に映画「忍びの国」のダイジェストが流された。

 藤田教授が「伊賀・甲賀という…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら