[PR]

 大分県佐伯市の酒造会社「ぶんご銘醸」と、関連会社で甘酒メーカー「亀の甲」が、同市上岡の門前工業団地内に共同で甘酒工場「麴(こうじ)の杜(もり)」を新設した。米こうじの甘酒(ノンアルコール)と、原料の自家製こうじを製造。甘酒製造ラインの無料見学もできる。オープンは3月2日。

 新工場には、甘酒やこうじを使った関連のオリジナル商品を購入できるファクトリーショップも併設。甘酒や焼酎のほか、甘酒ロールケーキ、甘酒ソフトクリーム、タイの塩こうじ漬け、塩こうじと豊後牛のコロッケ、塩こうじから揚げなどが購入できる。東九州道佐伯インターチェンジの近くにあり、甘酒やこうじの魅力、文化を発信する佐伯の新たな観光施設としても期待される。

 数年前から、甘酒による免疫力向上や整腸作用などが注目され、亀の甲の甘酒にも注文が殺到。外注に頼っていた原料のこうじの調達が難しくなった。このため、ぶんご銘醸がこうじを生産、亀の甲が甘酒製品を造る工場建設を進めた。

 甘酒には原料が「酒かす」か「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら