[PR]

 アイスホッケーのアジアリーグは24日、プレーオフの準決勝(3戦先勝方式)第2戦が北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナなどであり、今季限りで廃部するリーグ4位の日本製紙が同1位のデミョン(韓)を下して2連勝とし、5季ぶりの決勝進出に王手をかけた。

 日本製紙は第1ピリオド(P)終盤にFW入倉のゴールで先行。第2Pに追いつかれたが、第3PにFW大津が決勝点を奪い、再三のピンチをしのぎきった。第3戦は28日、韓国・仁川(インチョン)で行われる。