[PR]

 鹿児島県の奄美群島にある徳之島。特産のジャガイモ「春一番」や島を知ってほしいと、関東で暮らす島出身者の会などが2013年から、代々木公園(東京都渋谷区)で観光物産フェアを開いている。きっかけは11年、同会が故郷に呼びかけて実現した東日本大震災の被災地支援だった。

 「ほくほくしておいしい」。フェアが開かれた24日、春一番を使ったジャガバターをほお張りながら、東京都世田谷区の男性(45)は笑顔をみせた。特産の甘いかんきつ類タンカンや、サトウキビが原料の黒糖焼酎などが並び、ステージでは島ゆかりのアーティストらが歌や演奏を披露した。

 「東京の人にもっと徳之島を知ってほしい」と同会幹事長の保岡達也さん(54)=東京都江戸川区=。11年、被災地支援に関わった一人だ。震災直後、「被災地を支えよう」と同会のメンバーで話しあった。その前年、奄美群島の奄美大島は記録的な豪雨に見舞われた。死者3人。農業などにも大きな被害が出た。

 奄美大島には全国から義援金が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース