[PR]

 手術した右ひじのリハビリのため、チームと別メニューをこなしている大リーグ・エンゼルスの大谷翔平は23日、屋内ケージで前日に続きティーに球を置いた打撃練習に取り組んだ。チームはひじへ負担をかけないように練習メニューを慎重に定めている。ティーに置いた球を打つ練習は素振りの次の段階で、前日は20球でこの日は25球だった。「前進したなというところで、一つよかった」と冷静に語った一方で「外でフリー打撃をしたい気持ちになる」と歯がゆい気持ちものぞかせた。(テンピ)