[PR]

 広島市中区銀山町(かなやまちょう)の住宅で、この家に住む無職植松一広さん(86)が殺害された事件で、広島県警は24日、冨田幸誠(ゆきのぶ)容疑者(34)を強盗殺人容疑で全国に指名手配したと発表し、顔写真を公開した。

 県警によると、冨田容疑者は19日夜から20日朝、植松さんの首や胸を刃物のようなもので十数回刺して殺害し、現金を奪った疑いがある。捜査関係者によると、現場の東側の公園に、逃走時のものとみられる足跡と血痕が残っていた。冨田容疑者は事件後、県内の病院で左手の親指付近を9針縫う治療を受け、その際と現場に残されたDNA型が一致したという。

 県警は22日に逮捕状を取って行方を追っていたが、同日正午ごろJR福山駅(広島県福山市)の防犯カメラに映っていたのを最後に足取りがつかめず、公開捜査に切り替えた。冨田容疑者は身長約160センチで小太り。左手の親指に包帯を巻き、黒縁のメガネと黒のジャケットを身につけていたという。情報提供は広島中央署(082・224・0110)か110番へ。