[PR]

 作家の村上春樹さん(70)が23日、パリの国立コリーヌ劇場で開かれた読者との交流会で、質疑を通して約650人の参加者に、小説を書く意義などについて存分に語った。冒頭、英語で短くあいさつしたほかは、通訳を介して日本語で話した。主なやりとりは以下の通り。

     ◇

 「僕が小説を書いて40年になります。長い歳月で、当時は携帯電話もなかったし、パソコンもなかった。貨幣もなくて、貝殻を使っていました」

 「というのはウソで、とにかく万年筆で字を書いていました。僕は80年代半ばにギリシャとイタリアで分厚いノートに『ノルウェイの森』を書いた。カフェの机で書いていたのでコーヒーやスパゲティのしみがついている。『海辺のカフカ』は前半はハワイのカウアイ島、残りは東京で書いた。その時はアップルコンピュータを使っていたけど、それでもそれぞれの作品にはそれを書いた場所の記憶がソースのシミのように染みついています」

 ――村上さんの小説の中で、どうしても手の届かない、というテーマがよく表れる。

 「すべてのものは移り変わる。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら