日本文学研究者のドナルド・キーンさんが24日、96歳の生涯を閉じた。幅広い交友関係はそのまま日本文学史だった。

 日本文学を愛し、日本人を信じていた。人なつっこさと深い教養が同居した知の巨人、日本文学研究者のドナルド・キーンさんが96歳で亡くなった。松尾芭蕉「おくのほそ道」や三島由紀夫、安部公房らの日本文学を数多く英訳したほか、能狂言といった著作によって日本の文学と文化を世界に広めた。

 「私は反戦主義者です」。戦争の記憶や改憲の動きを問うたび、力を込めて繰り返した。同時に戦争は、日本語や日本文学との出会いを生み、代表作にもつながった。

 18歳、米ニューヨークの書店…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら