[PR]

 女性の遺体を山中に捨てたとして、愛知県警は24日、愛知県稲沢市日下部松野町2丁目の店員門田典子容疑者(36)と名古屋市中区新栄1丁目の無職石川一代容疑者(34)を、死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。ともに容疑を認めているという。県警は、女性が死亡した経緯についても両容疑者が事情を知っているとみて調べる。

 中署によると、門田、石川の両容疑者は共謀して2月4日ごろ、女性の遺体を愛知県豊田市内の山中に遺棄した疑いがある。2人は遺体は知人の女性で、車で運んで捨てた、と説明しているという。

 24日朝、両容疑者の知人男性から「(門田容疑者が)人を殺したようだ」と110番通報があった。県警が両容疑者に話を聴いたところ、ともに遺棄を認め、説明通りの場所から遺体が見つかったという。

 両容疑者を知る男性によると、「2人はホストクラブに通っていて、別の女性客とトラブルがあったようだ」という。