[PR]

 がんに伴う痛みに苦しむ人は、まだまだ少なくありません。痛みをより軽くするためにはどうしたらいいのか、痛みのケアをとりまく課題は何でしょうか。がんの苦痛の軽減に長年取り組んできた森田達也・聖隷三方原病院副院長に聞きました。

    ◇

 この10年ほどの間、痛みなどがんの苦痛を軽減するための研修会が各地で開かれました。ガイドラインも整備され、痛みに関する教科書や参考書もたくさん出版されました。がんの診療に携わる医療者の多くが痛みの対処にかかわり、モルヒネなどのオピオイドをはじめ、さまざまな鎮痛薬が処方される機会が増えています。

 それでも、まだ痛みに苦しむ患…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも