[PR]

 ノルディックスキーの世界選手権第5日は24日、オーストリアのインスブルックとゼーフェルトであり、国際スキー連盟の公式ホームページによると、ジャンプ男子団体(HS130メートル)で佐藤幸椰、伊東大貴、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)、小林陵侑(土屋ホーム)の日本は銅メダルを獲得した。1回目で3位につけ、2回目も順位を保った。

 2人一組で競う複合団体スプリント(非五輪種目の)で、日本は前回銅メダルを獲得した渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)の兄弟で臨んだが、4位にとどまり、2大会連続の表彰台は逃した。前半のジャンプ(HS130メートル)で2位につけたものの、後半の距離(15キロ)で順位を落とした。前半首位のドイツが逃げ切って優勝した。