[PR]

 英国の欧州連合(EU)からの離脱条件を定めた協定案について、メイ英首相は24日、EUとの間で修正に向けた協議を続けるため、英議会での今月中の採決を諦め、3月12日までに改めて行うと表明した。EUから譲歩が引き出せないメイ氏は、3月29日に予定される離脱直前まで粘る意向だが、土壇場で決裂して「合意なき離脱」に陥る懸念はさらに高まりそうだ。

 EUとアラブ連盟による首脳会議に出席するため、エジプト東部シャルムエルシェイクに向かう機内で、同行記者団に語った。英メディアが伝えた。メイ氏は、EUとは「前向きな協議が続いている」と強調、26日にも双方の高官が協議する予定だとした。

 メイ氏は当初、EUとの修正協議をまとめる期限を今月13日としていたが、「もう少し時間が必要」といったん先送り。その後、月末にも協議をまとめて英議会で採決したい考えを示していたが、再び先送りした形だ。

 昨年11月にメイ政権とEUが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら