[PR]

 愛媛県四国中央市の県立土居高校の生徒たちが企画し、昨夏の全国高校観光選手権大会(観光甲子園)でグランプリを獲得した訪日外国人向け旅行プラン「BONSAIの聖地へ タイムスリップ」が商品化された。感想などを集めるため3月には外国人向けにモニターツアーを行い、好評なら第2弾も検討するという。

 「BONSAIの聖地へ タイムスリップ」は、前田陸也さん(3年)ら同校情報科学部の生徒4人がプランを練った。同市土居町特産の赤石五葉松盆栽の歴史や魅力を世界に発信し、訪日客を地元に呼び込むのがねらい。昨年の観光甲子園の「訪日部門」では日本文化の盆栽を他地域と連携して取り上げた点が評価され、グランプリとなった。

 モニターツアーは3月23、24日に市内の盆栽園などを巡り、盆栽の歴史講座や実技、新宮茶を使った茶道も体験。特産のサトイモ「伊予美人」を使ったいも炊きや麦とろ定食などの地元グルメも味わう。

 滞在中は、愛媛SGGクラブ新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら