[PR]

 大相撲春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付が25日に発表され、阪神・淡路大震災の当日に淡路島で生まれた照強(てるつよし、24)=本名・福岡翔輝、伊勢ケ浜部屋=の新入幕が決まった。出身地の兵庫県南あわじ市ではこの日、幕内昇進を祝う記念パネルがお披露目された。

 照強は1995年1月17日、震度6の揺れに襲われた洲本市の旧県立淡路病院で生まれた。幼い頃はよく風邪をひいたが、柔道を習って体を鍛え、小学4年の時に地元神社での相撲大会で活躍。中学時代には全国大会にも出場し、卒業後に伊勢ケ浜部屋へ入門した。

 しこ名は「震災で被災した人を太陽のように強く照らすような存在に」との願いを込めて、伊勢ケ浜親方が名付けた。身長169センチ、体重116キロの小兵ながら懸命に稽古を重ね、2017年の大相撲初場所で十両に昇進。同年3月に南あわじ市であった祝賀会で、照強は「地元の人たちに喜んでもらえるのは、やっぱりうれしい。声援を力にして、いい相撲を取りたい」と語っていた。

 東十両筆頭で臨んだ今年の初場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら