[PR]

 鹿児島県薩摩川内市と熊本県八代市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は開業15周年を記念して、無人駅も含む全28駅の入場券セットを発売した。国鉄時代に使われていた厚みのある硬券。印刷のかすれや不ぞろい感など、レトロな味わいが漂う仕上がりになっている。

 肥薩おれんじ鉄道は九州新幹線の誕生に伴ってJR九州から八代駅―川内駅の在来線を引き継ぎ、2004年3月13日に第三セクターとして開業した。延長約117キロの区間に計28駅あるが、このうち有人駅は10駅にとどまる。

 5年前の開業10周年時には、有人駅のみの記念入場券セットを販売したが、今回は入場券そのものがない無人18駅分も加えて全駅セットの「完全版」をつくった。

 現在使われている入場券は、厚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら