[PR]

 JR沼津駅から約3キロ離れた静岡県沼津市大岡。閑静な住宅街にある3階建てマンションの一室のポストが、投函(とうかん)できないようテープでふさがれていた。

 2017年4月末、ここに住んでいた加藤奏斗ちゃん(当時6カ月)が心肺停止状態で部屋から運び出され、約1週間後に病院で死亡した。それから2年近く経った今月6日、県警は奏斗ちゃんの親戚の椎野広大容疑者(28)を、奏斗ちゃんの頭に暴行を加えて殺害したとして殺人の疑いで逮捕した。

 取材した限り、現場近くの住民の多くは、そんな事件が起きていたことを知らなかった。60代の男性は家族と面識があり、奏斗ちゃんが母親と砂場にいるのを見たこともあったが「亡くなっていたことも知らなかった」。30代の男性は「今日初めてそんなことがあったと知った」と驚いた様子だった。

 その他にも誰一人、泣き声や怒鳴り声を聞いたという人には会えなかった。

     ◇

 捜査関係者によると、奏斗ちゃんは4人きょうだいの末っ子で、20代の両親と6人で暮らしていた。椎野容疑者は当時、仕事に出た奏斗ちゃんの両親に頼まれて子守をしていたという。

 県警は発生当初から殺人の疑いも視野に捜査を始めた。だが、当時、自宅には奏斗ちゃん以外にきょうだい全員がいたが、暴行の目撃証言はない。「男の子の意識がない」と119番通報したのも椎野容疑者自身だった。椎野容疑者は逮捕当初、「気がついたらぐったりしていた」「(死亡の経緯は)知らない」と容疑を否認。直接証拠が無い中で県警は医学的証拠を積み重ねて立件を目指した。

 捜査関係者によると、奏斗ちゃ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら