[PR]

 昨年7月に成立した改正健康増進法を受け、県警は4月1日から県警本部と牛久署にある喫煙所を廃止することを決めた。県内の各警察署や交番などの敷地内も、7月1日から禁煙化する。

 県警厚生課によると、現在、本部庁舎内に計5カ所、牛久署に1カ所の屋内喫煙所が設置されている。3月末までに全て廃止する。また、本部庁舎の外にある灰皿も撤去し、県警本部での全面禁煙化を進めるという。

 改正健康増進法は受動喫煙対策の強化が目的。病院や学校、行政機関などの敷地内禁煙の施行日は今年7月1日だが、県警本部では職員が多いことや、喫煙所からにおいが漏れるといった苦情があることを受け、前倒しして実施する。警察署や交番などについては7月1日から全面禁煙化する。

 2018年7月の調査で県警職…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら