[PR]

 初詣客らでにぎわう伊勢神宮(三重県伊勢市)の内宮(ないくう)前にある「おかげ横丁」で若者が常夜灯によじ登った騒ぎで、三重県警は25日、同県松阪市の解体業の男(22)を県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検し、発表した。「その場のノリでやりました」と容疑を認めているという。

 伊勢署によると、送検容疑は1月1日午前0時ごろ、伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁の高さ約3・6メートルの常夜灯によじ登り、小銭を投げて周辺の混乱を招いたというもの。当時、男は泥酔状態で、紙幣や衣服なども投げたという。

 署は周辺の防犯カメラの映像から男を含む3人が常夜灯をよじ登ったことを確認したといい、残りの2人についても特定を進める。