[PR]

 高松市屋島中町の四国村で、スイセンと梅が見頃を迎えている。5日ごろまで楽しめるという。

 和紙作りのための小屋で、高知県梼原(ゆすはら)町から移築された「楮(こうぞ)蒸し小屋」の前には、約2千株のスイセンと梅が花を咲かせ、辺り一面を白い花と甘い香りで包んでいる。訪れた人は写真を撮ったり、顔を近づけて香りをかいだりしていた。

 四国村によると、スイセンは例年より1週間ほど開花が遅れ、梅と見頃の時期が重なったという。神戸市から夫婦で訪れていた木村道郎さん(72)は「良い香り。きれいな写真が撮れました」と満足そうだった。(小木雄太)