[PR]

 経団連の中西宏明会長は25日の定例会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設計画の中で進む名護市辺野古沿岸部の埋め立てに対し、県民投票で反対票が72%を超えたことについて、「反対の気持ちが数字になるとはっきりする」と指摘した。同時に「ほかに案はない」ともした上で「解がなく、難しい。政府にはもう1回説明し、(地元に)理解をいただく形で推進してもらうしかない」と述べた。