[PR]

 昨年の台風21号の影響で損壊した関西空港連絡橋について、国土交通省は26日、来月7日から上下各2車線で通行できる見通しだと発表した。上下3車線での完全復旧の時期も前倒しし、4月上旬には通行できるという。

 当初、6車線の完全復旧は4~5月のゴールデンウィークまでにとしていたが、強風や波の強い日が少なく作業が順調に進んだという。

 連絡橋は空港と対岸とを結んでおり、昨年9月にタンカーが衝突して破損。その後、橋桁をつくり直すなどの復旧工事に着手していた。現在は、関空方面には2車線、対岸へは1車線に制限されているが、27日夜に車線の切り替え工事を始めるという。