[PR]

 東京都渋谷区の児童養護施設「若草寮」で施設長の大森信也さん(46)が刺されて亡くなり、元入所者の男(22)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された事件。大森さんは入所者が退所した後のケアにも力を入れていた。

 2006年ごろまでの約4年間、若草寮で暮らした男性(30)=川崎市中原区=は、大森さんについて「冷静に、でも常に優しく寄り添ってくれる人だった」と振り返る。

 施設の子どもたちの間でけんかがあると、落ち着いた様子で仲裁にあたる大森さんの姿が印象に残っている。「叱っていても感情的になることはない。落ち着いてなだめてくれていた」

 児童養護施設は、原則18歳までに退所する。男性は高校2年生で施設を出たが、大森さんとは年に一度は連絡を取りあっていたという。

 最後に会ったのは今年1月中旬…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら