[PR]

 昨年12月9日に宮崎市で開かれた青島太平洋マラソンで、心肺停止となった男性を救助したとして、大会実行委員会が27日、ランナー10人らに感謝状を贈った。ランナーとして参加した消防士や医師らの迅速な救命措置のリレーが、男性の命をつないだ。

 スタートから30分後の午前9時半。大分市の60代男性が出発地点から約6キロで受け身も取らず、突然倒れた。脇のガードロープを越えて、のり面に落ちそうになった。

 「危ない」。男性の後方を走っていた消防士の山本大祐さん(32)はとっさに男性の身体を支え、安全な場所に運んだ。声を掛けるが反応はなく、脈も止まっていた。即座に気道を確保し、救命措置を始めた。

 そばを走る救急救命士、浜砂憲治郎さん(46)も異変に気づいた。「これはまずい。自分がやらないと」。人工呼吸に加わった。

 約10分後、自動体外式除細動器(AED)が運ばれてきた。指揮したのが、消防署の救急係に所属する浜畑貴晃さん(47)。「倒れている人がいる」と聞いて、走行を中断したという。男性は2度目の電気ショックで心肺蘇生した。

 到着した救急車には宮崎大医学部付属病院・救命救急センターの医師安部智大さん(36)が乗り込んだ。「心肺停止は2度起こることがある」。車内から病院に必要な準備を指示し、搬送後にコースに戻った。

 男性は宮崎大医学部付属病院に入院したが、約2週間後に退院した。現在は後遺症も無く、仕事に復帰したという。男性は「奇跡的に、とても運が良かったです。全てが素早い措置の結果です。本当にありがとうございました」と事務局に手紙を寄せた。

 事務局によると、救護にあたっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら