[PR]

 三重県立亀山高校の生徒が亀山市関町の「関宿」を紹介する英語のPR映像をつくり、26日、桜井義之市長を訪ねて披露した。撮影や編集、英語の字幕づくりなどすべてを工夫した力作で、市はホームページなどで活用する方針だ。

 市長を訪ねたのは同校普通科の3年生7人と英語担当の山田奈未教諭。英語の授業で関宿をテーマに勉強してきた。昨年の1学期に観光マップ「関宿ぶらり散歩」の解説の英語訳をしており、PR映像づくりへと発展したという。

 受験準備のさなかの12月に2班に分かれて映像を撮影。2分弱の映像に編集した。コンピューター操作が得意なシステムメディア科の生徒が協力した。山田教諭と外国語指導助手(ALT)の米国人の指導も得て英語の字幕をつくった。

 映像は、国の重要伝統的建造物…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら