拡大する写真・図版 大川入山山頂のササ原の斜面にできた樹氷の「羊」。登山道同様にササの下にも雪が積もっている

[PR]

標高1908m しんどさ★★★☆(長野県平谷村・阿智村)

 積雪と強風で昨冬は登頂を断念した大川入山(おおかわいりやま)に再挑戦した。恵那山の南隣にある。天気図をにらみ、2月半ばの晴れて風がおだやかな日を選んで登った。

 登り口の治部坂峠は標高1200メートル弱。1575メートルの横岳までは急坂が続く。登山道は最初から雪をかぶり、凍結していたのでアイゼンを装着した。1時間半ほど歩き、横岳手前の木の間から大川入山の山頂部がくっきり見えた。稜線(りょうせん)が白く輝いている。樹氷があるようだ。

 横岳からは尾根づたいに3キロほど上り下りを繰り返す。なだらかではあるが、数えてみたらピークが13もあった。スノーシューを履くほどではないが登山道は雪をかぶっている。約1時間半で「最低鞍部(あんぶ)」に着いた。この先が大川入山山頂への長く、きつい上りだ。

 縦走してきた尾根が見通せる付…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら