写真・図版

[PR]

 血糖値を調節するインスリンがつくられなくなる1型糖尿病の患者は、インスリンを毎日注射して補う必要がある。昨年、血糖値を下げる薬がこの病気の治療薬として承認された。血糖値の変動をつかみやすい新たな測定器も次々と登場し、難しいとされる血糖値のコントロールに役立つと期待される。専門家は、適切な使用を呼びかける。

 茨城県に住む60代女性は2005年、1型糖尿病と診断された。1日4回インスリン注射を続けたが、その直近1~2カ月間の血糖状態を示す「ヘモグロビン(Hb)A1c」は、日本糖尿病学会が定めた合併症予防の目標値(7%未満)より高い8%台が続いた。

 女性は16年、血糖値を下げる薬「スーグラ」の治験に参加した。インスリン注射とともに1日1回のんだところ、HbA1cは3~4カ月後に7%台になり、1年後には7・1%まで下がった。「1日1回のむだけで負担が少なく、血糖も改善できてよかった」

 1型糖尿病は、本来自分を守る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら