[PR]

 真新しい駅舎は、オランダの風車をイメージした外観になっている。岩手県山田町は、オランダと江戸時代から縁がある。1643(寛永20)年、「ブレスケンス号」が漂着。その後、山田湾に浮かぶ大島はオランダ島と名づけられ、2000年には町とオランダ中央部のザイスト市が友好都市になった。

 山田湾は豊かな海だ。カキやホタテの養殖いかだが無数に浮かぶ。「やまだワンダフル体験ビューロー」のコーディネーター服部真理さん(51)は「町でいろんな経験ができます」。漁船に乗っていかだに行き、どのように育てられているか、漁師から直接話を聞ける。シーカヤックを楽しめるコースもある。町はオランダ島で「無人島1泊ツアー」ができるように整備を目指す。

 観光客に人気が高いのが「復興…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも