飲酒強要でホスト死亡、経営会社に賠償命令 両親が勝訴

有料会員記事

大貫聡子
[PR]

 大阪・ミナミのホストクラブで働いていた男性(当時21)が亡くなったのは勤務中に多量の飲酒を強いられたからだとして、男性の両親が経営会社などに約8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁であった。酒井良介裁判長は会社に約7400万円の賠償を命じた。

 亡くなったのは田中裕也さん。判決などによると、田中さんは2012年4月ごろから通信制高校に通うかたわら、学費を稼ぐために大阪市中央区のホストクラブに勤務。盛り上げ役の「ヘルプ」として先輩ホストと接客した後の同年8月1日午前7時半ごろ、通路で泡を吹いて倒れているところを発見され、病院に搬送されたが急性アルコール中毒で死亡した。

 判決は客の証言などから、後輩の指導などを担当して「主任」と呼ばれていた先輩ホストが田中さんに多量の飲酒を強要し、嘔吐(おうと)した後も別のホストと暴行を加えてさらに飲ませ、泥酔状態の田中さんを放置して死亡させたと認定。接客中だったことなどから、店側が使用者責任を負うと判断し、逸失利益や慰謝料などの支払いを命じた。

 一方、店側は「田中さんはひどく酔った状態で店に来た」などと接客中の飲酒の強要を否定したが、判決は田中さんがホストとしての心構えや手順など頻繁にノートにメモするなどしていた普段の勤務態度から、店側の主張は信用できないとして退けた。

■「息子の名誉が…」父の思い…

この記事は有料会員記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。