はやぶさ2、狙った場所に舞い降りた JAXA分析

石倉徹也
[PR]

 探査機はやぶさ2」は、狙った場所に着陸できた――。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、はやぶさ2が22日に撮影した小惑星「リュウグウ」の地表画像の分析結果を発表した。

 画像は、はやぶさ2が着陸の約1分後、上昇中の高度約25メートルで撮影したもの。機体の影の右下に見える黒い変色部分は、着陸前に撮影した際は写っていなかった。着陸時に試料採取のために発射した弾丸や、上昇する噴射によって舞い上がった砂とみられる。

 黒い部分は、着陸予定地の半径3メートルの円内とほぼ重なっていることから、「ほぼ予定通りの場所に着地できたと考えられる」とJAXAは結論づけた。画像には、着陸の目印「ターゲットマーカー」も写っている。石倉徹也