[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。男女格差の問題は女性だけの問題ではないと言う、白岩玄さんは、「野ブタ。をプロデュース」で知られる作家です。昨年、「男らしさ」に違和感を覚えた経験から、小説「たてがみを捨てたライオンたち」(集英社)を出しました。育児を大切にしている白岩さんは「本当に守りたい人は誰ですか」と問いかけます。

 作家デビューした時は、21歳。芥川賞の候補作になり、テレビドラマ化もされた。身の丈に合わない社会的な地位やお金を手にしました。それまで、「生きにくいな」「相手にされないな」と思っていましたが、周囲の目の色は変わり、ちやほやされました。自分の力以上に強い「男性」になろうとして、無理をしてしまいました。

しらいわ・げん 1983年、京都市生まれ。2004年に「野ブタ。をプロデュース」で文芸賞を受賞しデビュー。男らしさをテーマにした近著は「たてがみを捨てたライオンたち」。

 そのころから20代は、ずっと男らしさについて息苦しさを感じていました。小説が売れない時には、収入を気にしたり、強がるために女性に対し、上に立った物言いをしてしまったり。25歳のころ、この「男らしさ」というテーマを見つけて小説にしようと、思った時もあったのですが、書けなかった。なぜかというと、書くこと自体が弱さをさらすことになり、男のプライドに関わる気がしたから怖くて。稼ぎを気にしていることや、つい女性の上に立ってしまうことを言いたくないと思ったんです。

 この悩みを整理できたのは、32歳の時に結婚したことが大きかったです。妻が「男らしさを気にしなくてもいいんじゃない」「稼ぎなんかどうでもいいんじゃない」というタイプの人でした。

 実は一度20代で付き合って1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら