[PR]

 すかいらーくホールディングス傘下の「トマトアンドアソシエイツ」(兵庫県西宮市)は25日、焼き肉チェーン「じゅうじゅうカルビ」の東京や大阪など計7店で、腸管出血性大腸菌O(オー)157による食中毒が発生し、全61店で同日から営業を停止したと発表した。8~12日に来店した計8人が発症した。

 東京や大阪のほか、神奈川、兵庫、埼玉、福井の店舗で食中毒の症状の連絡が保健所や客からあった。同社は共通して食べた食材が原因とみている。原因の特定と対策が講じられるまで営業停止を続けるという。

 福井県医薬食品・衛生課によると、同県内で今月16日、20代男性が下痢や腹痛を訴えて医療機関を受診。検便したところO(オー)157が検出された。男性は10日、福井市内の「じゅうじゅうカルビ」で食事をしたが、発症までに外食した店が複数あり、O157への感染原因は不明という。男性はすでに回復したという。同県内でほかにO157を訴えた人はいない。