[PR]

 酒気帯びの状態で警察署を訪れ、そのまま車を運転したとして、宮崎県警日向署が26日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで男(50)を現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、男は日向市に住む自称露天商で、26日午後4時15分ごろ、同市鶴町1丁目の市道を酒気を帯びた状態で運転した疑いがある。

 男は車庫証明の申請手続きのため、同署を訪れた帰りだった。署員が酒の臭いに気づき、車を運転して駐車場から出て行く容疑者を追いかけ、逮捕した。呼気からは0・68ミリグラムのアルコールが検出されたという。(松本真弥)