[PR]

 第77期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終9回戦5局が1日、静岡市葵区の料亭「浮月楼(ふげつろう)」で一斉に指される。「将棋界の一番長い日」と称される一大イベント。佐藤天彦名人への挑戦権と、このクラスへの残留をかけて、熱戦が繰り広げられる。

 対戦カードは豊島将之二冠(7勝1敗)―久保利明九段(4勝4敗)▽羽生善治九段(6勝2敗)―広瀬章人竜王(6勝2敗)▽糸谷哲郎八段(5勝3敗)―深浦康市九段(2勝6敗)▽佐藤康光九段(4勝4敗)―阿久津主税(ちから)八段(0勝8敗)▽稲葉陽(あきら)八段(3勝5敗)―三浦弘行九段(3勝5敗)。豊島二冠が勝てば、初挑戦が決まる。敗れると、羽生―広瀬戦の勝者とプレーオフとなる。阿久津八段の降級は既に決まっており、深浦九段と三浦九段に降級の可能性がある。全て決着がつくのは深夜になる見込み。

 昨年は、史上初の6者プレーオフとなり、大きな話題となった。トーナメントで行われたプレーオフは羽生九段が勝ち抜いて挑戦権を獲得した。一方、一流棋士の証明であるA級の座をかけた残留争いにも大きな注目が集まる。

 佐藤名人が登場する現地大盤解説会と棋譜は、朝日新聞デジタルの将棋ページ(http://www.asahi.com/shougi/)で中継される(有料会員が対象)。

こんなニュースも