[PR]

 広島市中区銀山町(かなやまちょう)の住宅で、この家に住む無職植松一広さん(86)が殺害された事件で、広島県警は27日未明、強盗殺人容疑で指名手配中だった無職冨田幸誠(ゆきのぶ)容疑者(34)=同県呉市焼山本庄5丁目=を大津市内で逮捕し、発表した。

 事件は19日夜から20日朝に発生。県警によると、冨田容疑者は20日朝に広島市内の病院で指の傷を縫い、その夜は同市内のサウナで過ごしたことが判明。21日夜には広島県福山市内のネットカフェを利用。22日にJRの福山駅(福山市)や金光駅(岡山県浅口市)の防犯カメラに似た男の姿が映っていたという。25日朝には、大阪市福島区や同市城東区のコンビニエンスストアで、似た男が目撃されていた。

 事件現場から血痕が検出され、そのDNA型が冨田容疑者と一致。県警は24日から公開捜査に切り替えていた。