[PR]

 古びた貨物列車が止まる山あいの静かな駅。中国との国境に近いベトナム北部のドンダンに、世界中から注目を浴びる1人の男が降り立った。その瞬間を前に、小さな村は、みるみると装いを変えていった。そして、その現場で特需に沸いた、ある商品とは――。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が26日朝、特別列車で中越国境を越え、ドンダン駅にやって来るとの情報を受けて、私は25日朝にベトナムの首都ハノイから車でドンダンを目指した。

 最高時速が90キロの高速道路を下りると、片側1車線の国道が続く。どこも整備されて揺れは少ない。車窓からは、ベトナム伝統の笠をかぶった農民が手で田植えをする風景を目にしたが、それ以外は日本の地方の風景とそっくりだ。

 ドンダン駅に着いたのは出発から3時間たった正午すぎ。報道陣の場所取りがすでに始まっており、10台以上の三脚や脚立が置かれていた。

 緑色の制服を着た公安警察が見張るなか、駅前には赤と黄色の鉢植えの花が運び込まれ、古びたホームの線も白いペンキで塗り直されていた。明らかに「特別感」はあるが、その時点ではまだ、正恩氏が本当に来るかは不確かだった。

 しばらくして、報道陣が色めき立った。

 「いま、駅のホームに設けられた降車用のタラップに、赤いじゅうたんが敷かれました。特別列車で北朝鮮から向かっている正恩氏を迎えるためのカーペットとみられます」

 日本の民放のリポーターがマイクを手に、カメラに向かって声を張りあげた。田舎の駅には不釣り合いな「VIP用」の歓迎準備が加速していった。

 住民によると、この駅は主に貨物列車が通り、旅客用の列車は、ふつう1日に1本ほどだという。そんな駅なのに、数日前から突貫工事でアスファルトの整備もされていたという。

 「これは、もう間違いない」。話を聞くうちに、私は確信した。ハノイの同僚に状況を電話で伝えると、「ところで、写真、撮れそう?」と逆に聞かれた。

 報道陣が陣取っていたのは駅舎の真正面。腰の高さに規制線のロープが張られているものの、仮に正恩氏が駅の入り口まで歩いてきたら、その距離、わずか約5メートル。「今は、めちゃくちゃ近い。現場がこのままなら、確実に撮れます」と同僚に報告した。

 実は、「このままなら」と答えたのは、ある記憶がよみがえり、不安がよぎったからだ。

夜がふけ、正恩氏激写を狙う報道陣の闘いは過熱するばかり。到着の瞬間、記者が見た光景は。

 昨年6月。史上初の米朝首脳会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら