[PR]

 他人のクレジットカード情報を使って、ヤフーが運営する通販サイト「ヤフーショッピング」で服などを買ったとして、埼玉県警は27日、無職吉田順彦容疑者(39)=横浜市中区扇町1丁目=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「他人名義のカード情報を登録したかは思い出せない」と容疑を一部否認しているという。

 サイバー犯罪対策課によると、吉田容疑者は2017年11~12月、自身のIDで同サイトにアクセスし、東京都内の30代の男性名義のクレジットカード情報を使って、サイトに出店している埼玉県と大阪府の計2店の洋服やバッグなど計5点(約10万円相当)を購入した疑いがある。

 商品は自分で使うためのもので、当時滞在していた東京都内の知人宅で受け取っていたという。カードの名義人が、利用していないのに請求されたとヤフー側に連絡。同社が昨年7月、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)を通じて県警に情報提供していた。

 同課は、吉田容疑者が同じカード情報を使ってほかにも刺し身セットや酒など計約30万円分を計41店舗で購入したとみており、どうやってカード情報を入手したか調べている。