[PR]

 広島市中区銀山町(かなやまちょう)の住宅で、この家に住む無職植松一広さん(86)が殺害された事件で、広島県警は27日未明、強盗殺人容疑で指名手配中だった無職冨田幸誠(ゆきのぶ)容疑者(34)=同県呉市焼山本庄5丁目=を大津市内で逮捕し、発表した。「家の人に気づかれて刺したことに間違いない」と話しているという。

 事件は19日夜から20日朝に発生。県警によると、冨田容疑者は植松さんの首や胸を十数回刺して殺害し、現金を奪った疑いがある。現場付近で検出された血痕のDNA型が冨田容疑者と一致。県警は22日に指名手配し、24日から公開捜査をしていた。

 27日午前0時過ぎ、滋賀県警の警察官が大津市内の国道1号を自転車で北へ向かっている、冨田容疑者に似た男を発見。話しかけた警察官に対し最初は偽名を口にしたが、任意同行の求めには素直に応じ、大津署では「冨田幸誠です」と名乗ったという。

 事件から1週間、冨田容疑者は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら