[PR]

 3月1日から本行が始まる東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ、お水取り)。27日朝、大仏殿の西にある戒壇院の別火坊で「花つけ」があった。練行衆(れんぎょうしゅう、こもりの僧)が、赤、白、黄色の和紙で作ったツバキの造花を枝にさしていった。

 朝9時半ごろ、別火坊にある千手堂縁側に、白い紙衣(かみこ)をまとった練行衆らが集まった。本物のツバキの枝をノコギリやハサミで大・中・小の3種に切りそろえ、23日に手作りしたツバキの造花を枝の先に一つひとつさした。

 できあがった花は、二月堂本尊の十一面観音に供えられる。(照井琢見)

関連ニュース