[PR]

 女性に睡眠作用のある薬を飲ませて自宅に連れ込み性的暴行を加えたとして、警視庁は27日、昭和大学病院(東京都品川区)の内科医、金古政隆(28)=東京都品川区西中延1丁目=と、研修医の大林久晃(26)=横浜市都筑区荏田東4丁目=の両容疑者をわいせつ略取と準強制性交の疑いで逮捕し、発表した。金古容疑者は否認、大林容疑者も一部否認している。

 捜査1課によると、両容疑者は1月18日午後11時~19日午前5時半ごろ、東京都品川区のカラオケ店で20代女性に睡眠作用を引き起こす成分を含む薬が入った酒を飲ませて意識をもうろうとさせ、金古容疑者の自宅マンションに連れ込み性的暴行を加えた疑いがある。金古容疑者は「女性と合意していたが、薬は飲ませていない」、大林容疑者は「酒に酔った女性に乱暴したことは間違いないが、薬は飲ませていない」と供述しているという。

 両容疑者は同18日午後7時30分ごろから被害者を含む女性2人と居酒屋で飲食後にカラオケ店に移動し、酒を飲んでいたという。同課はこの店で出された酒などに両容疑者が薬を混ぜて飲ませたとみている。金古容疑者らは女性2人をタクシーに乗せて現場マンションまで連れて行っていた。当時、女性2人は自力では歩けない状態だったという。同19日、被害女性が警視庁に相談。検査の結果、体内から薬の成分が検出された。