[PR]

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、東京新聞記者が26日に会見の意義などについて質問したのに対して「あなたに答える必要はありません」と述べたことについて、撤回や修正の考えはないと明言した。政府のスポークスマンによる特定記者の質問排除につながる問題発言に、野党からも批判が上がっている。

 発言は、東京新聞記者が26日午後の会見で、「この会見を一体何のための場だと思っているのか」と質問した際の回答。菅氏は27日の記者会見で発言の趣旨を問われ、「私はこれまで国会や記者会見の場で累次にわたって、官房長官記者会見は記者からの質問に対し政府の見解、立場を答える場であると述べてきた」と強調。26日は午前、午後の2回にわたり同じ趣旨の質問があったなどとして、「あえて繰り返す必要はないということで申し上げた」とした。

 しかし、発言は「あなた」と質問者を特定したうえで、答えを拒否したものだ。立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は27日、「記者に圧力をかける。誠実に答えない。官房長官として失格だ」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は「説明責任を果たす人間は、どんなときでも丁寧に、その先に多くの国民がいるとの思いで答えるのが大事だ」と指摘した。