[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)のもと、12歳ごろに不妊手術を強いられ、憲法が保障する基本的人権を侵害されたとして、神戸市に住む脳性小児まひの女性が27日、国に計1100万円の賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。強制不妊手術問題をめぐっては昨年以降、全国の当事者らが訴訟を起こしているが、脳性まひの人による提訴は初めてで、手術時年齢も女性原告では最年少という。

 訴えたのは鈴木由美さん(63)。脳性小児まひで手足を自由に動かせず、幼少期から車いすで生活。訴状によると、鈴木さんは1968年ごろ、母親らに連れられて病院に行き、誰からも何の説明もないまま不妊手術を施されたという。

 旧優生保護法は遺伝性とされた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら