写真・図版
[PR]

 悲しみの中にあっても、権勢は隠しようもない。和歌山県中部に位置する御坊市。2月23日、自民党の二階俊博幹事長が生まれ育ったこのまちに、5千人もの人々が押し寄せた。

 御坊市民文化会館ではこの日、昨年12月26日に他界した二階氏の妻を偲(しの)ぶ会が営まれていた。羽田―関西空港便は、朝から満席状態。空港や最寄り駅にはシャトルバスが10台以上連なった。強い風が吹きつける中、自民党職員が「(2月10日の)自民党大会の出席者より多かった」と驚くほどの参列者が詰めかけ、会館外まで列をなした。

 地元の支持者らに交じり、大島理森衆院議長、菅義偉官房長官、ソフトバンクホークスの王貞治会長らの姿もみえる。国会議員の参加者は約80人にのぼった。

 近年では例がない実力派幹事長と言われる二階氏を支えるのは、政局の流れをつくる鋭敏な政治勘だ。

政治の最前線を伝える「FRONT LINE」は、4月から原則毎週1回、朝日新聞デジタルでお届けする予定です。

 総裁任期を「連続2期6年」か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら