[PR]

 名証2部上場の超硬工具メーカー「富士精工」(本社・愛知県豊田市)の製品情報をコピーしたとして、愛知県警は27日、同社の社員で中国籍の申永輝容疑者(31)=同市中根町小訳=を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで逮捕し、発表した。申容疑者は「データを移したことは間違いないが、不正な利益を得るなどの目的はなかった。勉強目的だった」と容疑の一部を否認しているという。

 豊田署によると、申容疑者は1月29日ごろ、不正な利益を得る目的で、営業秘密として富士精工が管理していた、ドリルなどの同社製品の設計情報をUSBメモリーにコピーした疑いがある。

 署や同社によると、申容疑者は2014年に入社。技術系社員として工具の設計を担当し、設計情報にアクセスできる権限を与えられていた。会社側が1月末、申容疑者が設計情報をコピーした記録に気づき、2月に県警に相談していた。県警は、コピーされた情報が国外に流出した可能性もあるとみて、慎重に調べている。

 富士精工は「捜査が行われているため詳細の公表は控えさせていただきます」とのコメントを出した。

 民間信用調査会社などによると、富士精工は1958年創立。自動車の製造に使われるドリルやカッターなどの超硬工具を製造・販売する。子会社は中国や韓国、米国などにある。