[PR]

 田畑毅衆院議員(46)=比例東海ブロック=が27日、衆院に議員辞職願を提出した。元交際相手の女性が準強制性交の疑いで愛知県警に告訴状を提出したことを受け、21日に自民党を離党していたが、辞職に追い込まれた。近く衆院本会議で許可される見通し。

 田畑氏については2月上旬、元交際相手の女性が準強制性交の疑いで、愛知県警に告訴状を提出。県警はこれを受理し、現在、慎重に裏付けを進めている。

 捜査関係者などによると、女性は昨年12月24~25日未明、田畑氏と飲食後、自宅で酔って寝ている間に田畑氏から暴行されたなどと主張。この間に無断で裸の画像も撮影されたとして県警に軽犯罪法違反容疑で被害届も提出している。

 田畑氏は同党二階派に所属し、同派を率いる二階俊博幹事長は27日、首相官邸で安倍晋三首相と会談。記者団には「(田畑氏の問題は)党で処理することで、総理にご相談することじゃない」と述べるにとどめた。同党は田畑氏の離党で早期収拾をはかったが、野党から辞職を求める声が相次ぐなど、4月の統一地方選や夏の参院選に向けて党のマイナスイメージを払拭(ふっしょく)する必要に迫られた。

 一方、田畑氏の辞職が認められれば、二階派に無所属のまま入会した細野豪志衆院議員と静岡5区で争う岸田派の吉川赳氏が繰り上げ当選する。同じ選挙区に現職議員が2氏いる状態となり、両派の対立が激しくなる可能性もある。