[PR]

 東京大学医科学研究所のグループが開発した「ニパウイルス感染症」のワクチンについて、国際的な支援機関が約34億円の資金提供をすることを決めた。5年以内の実用化を視野に、流行地域で臨床試験をすることをめざす。東大が26日、発表した。

 この感染症は1990年代にマレーシアで確認され、100人以上の死者が出た年もある。日本での報告はないが、その後もインドやバングラデシュで毎年数人~50人ほどの患者が報告されている。ブタやオオコウモリなどから人に感染するほか、人から人への感染も起こり、致死率は7~9割にのぼる。治療薬やワクチンで実用化されたものはない。

 ワクチンを開発したのは東大の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら