[PR]

 震災後に双葉郡内で唯一入院患者の受け入れを続けた高野病院(広野町)の河合義人院長(68)が3月末で退職し、4月から社本(しゃもと)博医師(52)が院長に就任することになった。

 病院によると、河合院長は高齢などを理由に退職を希望し、病院の求めに応じて、社本医師が新年度から就任することになった。社本医師は2014年に県立医大から南相馬市立総合病院に派遣され、診療を行っている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/