[PR]

 女性に睡眠作用のある薬を飲ませて自宅に連れ込み性的暴行を加えたとして、昭和大学病院(東京都品川区)の医師2人が準強制性交などの疑いで逮捕された事件で、2人が被害女性らを抱えるように連れ込む様子が防犯カメラに映っていたことが警視庁への取材でわかった。同庁は薬とともに相当量の酒も飲まされていた疑いがあるとみて調べている。

 捜査1課によると、逮捕されたのは内科医の金古政隆(28)と、研修医の大林久晃(26)の両容疑者。1月18日深夜~19日早朝、JR目黒駅近くのカラオケ店で20代女性に睡眠作用を引き起こす薬を混ぜた酒を飲ませてもうろうとさせ、タクシーに乗せて金古容疑者の自宅マンションに連れ込み、性的暴行を加えた疑いがある。

 付近の防犯カメラ映像で、自力では歩けない状態の被害女性ともう1人の女性を、両容疑者が抱えて連れ込む様子が確認された。被害女性は「酒を無理やり飲まされた。カラオケ店で記憶がなくなり、気づいたら男のマンションにいた」と話しているという。もう1人の女性も同様の被害を訴えており、今後、薬の入手経路なども含めて詳しく調べる。両容疑者と被害女性らは昨年8月に一度飲食しており、面識があったという。

 警視庁は28日午前、両容疑者を送検した。金古容疑者は否認、大林容疑者も一部否認している。